東眼科

コンタクトレンズ・眼鏡の処方

コンタクトレンズ・眼鏡の処方について

コンタクトレンズ・眼鏡の処方について

適切なコンタクトレンズや眼鏡を正しく使用することで、良好な視力を得ることができます。一方で、度数が合っていない、間違った使い方をすることで、眼精疲労やひどい頭痛、かたこりなどを引き起こす可能性があります。
度数に関しては単純な視力検査で良く見えるもの、ではなく、長時間のデスクワークや運転など、お仕事や生活内容に合わせて調整することで、目の疲れは大きく変わります。
当院では、眼科医と検査スタッフが連携し、装用指導・検査・診察・処方など、眼鏡やコンタクトレンズに関しても質の高い医療を提供しています。
特に乱視用トーリックレンズの処方には力を入れておりますので、乱視でお困りの方は是非一度ご来院ください。コンタクトレンズの装脱からケアの方法まで丁寧に指導いたします。

コンタクトレンズ・眼鏡の処方の流れ

視力検査

他覚的屈折検査で近視・遠視・乱視といった屈折度数の自動測定をします。

度数決定

お一人おひとりに合わせた最適なレンズをお選び頂くため、お話やご要望を丁寧に伺いながら度数を決めていきます。
長時間運転をされる、デスクワークでパソコンを使うことが多いなど、ライフスタイルに合わせた処方を行うことで目の疲れの軽減を心がけています。

装用テスト

コンタクトレンズの場合

初めての方に関しては、付け外しの練習をしっかり行っていただいています。専任のスタッフが丁寧にサポートします。

眼鏡の場合

レンズが合うかどうかを試す試用眼鏡を、人によりますがおおよそ10分程度装用して頂きます。

処方箋発行

コンタクトレンズの場合

当院にてご購入いただけます。

眼鏡の場合

お好きな眼鏡店へ処方箋をお持ちください。